おうちで遊ぼうお遊びブログ

建築に携わる二人で暮らしている家をセルフリフォームしています。

testst

壁リフォーム④|キッチンの壁を新築みたいにしたい!

f:id:archiplay:20200601122000j:plain

前回はリビングと階段を仕切る壁を、私たちにとって都合がよくなるように作りなおす作業でした。またしても本当の作業の順番からは外れますが、今回はキッチンの壁の補修と収納力を増やした作業についてです

↓ 前回の記事はこちら

www.archiplay.work

 

1. 現状のおさらい

f:id:archiplay:20200601102103j:plain

業者さんに依頼していた改修が完了し、いろいろ家の中を見て回った際に発覚していたいくつかの問題点の中に、「キッチンのメラミン化粧板が継接ぎ状態かつ一部ベニヤ板が丸出し」というものがありました。それが上の写真の状態。私が個人的に吊り戸棚が好きではないため、元々ついていた棚を改修工事のついでに撤去してもらったのです。

↓業者さんによる改修工事が完了した直後の記事はこちら

www.archiplay.work

2. 壁の補修

まずは下準備

本来ならそのまま業者さんが化粧板くらい新設してくれても…とは思ったのですが、どうやら彼が上手いこと業者さんと意思疎通できなかった模様…。まぁ、今更どうこう言ったって仕方がない…。

f:id:archiplay:20200601102111j:plain

とりあえずビス留めされていた上の化粧板を撤去します。

f:id:archiplay:20200601102119j:plain

撤去した化粧板はビスとボンドで固定されていたので、スクレーパーでゴシゴシとボンド跡を削り取ります。

下地つくり

f:id:archiplay:20200601102127j:plain

 端材として残っていた2.5mm厚のベニヤ板がちょうど良い大きさだったので、今回はベニヤ板を使うことにしました。メラミン化粧板の厚みが3.0mmだったので、段差もそこまで気にならないはず。本来なら同じメラミン化粧板を使うのがベターなんですが、ちょっと私には重すぎる…。床に置いて作業できる場所ならなんとか頑張れそうですが、今回はやや空中戦もありそう。敗戦濃厚と判断しました。

薄いベニヤ板なので、カッターで数回切込みを入れると簡単にカットできます。カットする際は、木目に垂直にカットした方が、カットしたい線に沿ってカットしやすいです。木目に水平に切込みを入れようとすると、木目にカッターが持っていかれる?感じがします。木目に垂直にカットすると結構バリが出るので、小口をサンドペーパーでならしておきます。

f:id:archiplay:20200601102138j:plain

寸法を測ってカットしたベニヤ板を嵌めこんでいきます。今回は板が2.5mmとかなり薄いため、ドライバーを使うのがド下手な私がビス留めすると板を突き抜きてしまう可能性がものすごく高いと考え、ビスではなく、余っていた細目の釘で留めていきました。

f:id:archiplay:20200601102145j:plain

釘はポンチ等を使って、しっかり板に沈めておきます。ベニヤ板なので、釘の周りや板の表面は結構ささくれていたりするので、もう一度全体的にヤスリをかけて表面を均しておきます。

f:id:archiplay:20200601102212j:plain

また、ベニヤ板の小口がそのまま見えてしまわないように、一番右端のベニヤ板に見切り材としてプラスティックモールを装着。

カッティングシートで仕上げ

f:id:archiplay:20200601102153j:plain

今回は防水性のカッティングシートをベニヤ板に貼っていこうと思います。私が購入したカッティングシートは壁紙みたいに裏側にメモリがついていました。便利~!使いたいところがキッチンなので一応防水性付きのものを選びましたが、最近は100均等でもたくさんリメイクシートが販売されているので、そちらを使っても大丈夫かと思います。


 

f:id:archiplay:20200601102200j:plain

 貼ってみたのがこちら。ちょっとベニヤ板の色が透けているような透けていないような…。もう一度シートを重ね貼りすればもっと真っ白になるかと思いますが、どっちみち下部のメラミン化粧板と色味を合わせることは難しいので、ここは妥協ポイントでしょうか…。よくよく近くで見るとベニヤ板表面の凸凹を少し拾ってしまっていますが、場所が場所なので近づくことも滅多にないですし、まあ許容範囲とします。(パテ埋めがめんどくさい) 

シートを貼る時に一気に貼れば、シート間の継ぎ目が発生しないのでキレイなのですが、今回は横に長くシートを貼りたいため、取り回しが結構大変。ということで私はベニヤ板のサイズに合わせてシートをカットし、ちょっとずつ濡れ雑巾で空気を抜きながら、上右図のように数回に分けて貼り付けていきました。購入したシートは細かいラメの入っている柄?だったため、それも相まってあまり粗が目立たないような気がします。

f:id:archiplay:20200601102223j:plain

 見切り材の部分もキレイに収まっています。

f:id:archiplay:20200601102230j:plain

 あとは隙間があいてしまった場所にシーリング材を充填して、壁の補修作業は完了です!

ついでに扉もリフォーム

f:id:archiplay:20200601102304j:plain

 カッティングシートが結構余ったため、傷だらけになっていたキッチンの扉にも貼ってみました。やはりキッチンは白色に限る…。新品のような見た目…。

3. 収納スペースの確保

f:id:archiplay:20200601102241j:plain

 このままでも別に問題はないのですが、ちょっと作業性が悪いため、IKEAで購入した壁掛けアルミラック(KUNGSFORS)を取り付けました。

f:id:archiplay:20200601102248j:plain

 レンジフードの隣も少し間延びした感じだったので、吊り収納を設置します。まず天井下地のある部分にナット付き角座金を取り付け、寸切りボルトを差し込みます。

f:id:archiplay:20200601102256j:plain

 程よいサイズに棚板をカットし、四隅にドリルで穴を開けて、板の上下を六角ナットで固定したら完成です。

※角座金はそもそも物を吊る用途で使う金物ではありません。案の採用は自己責任でお願いします。

4. 作業を終えて

f:id:archiplay:20200601102312j:plain

ということで、キッチンの全景はこんな感じに。電子レンジや調味料の置き場はちょっと再考の余地ありですが、作業性は上がりました。やっぱり吊る収納は使いやすい…。

カッティングシートとメラミン化粧板の色の違いは、実際色々物を置いてみるとあまり気になりませんでした。私が慣れてきたというのもあるかもしれません。昼間は写真のように、カッティングシートの方が青みの強い白なので少しわかりますが、夜になるとほぼわかりません。

洗面室の床にクッションフロアを貼った時も感じましたが、やはり大きな面積の色が変化するとかなりイメージチェンジに繋がりますね。上部の壁とキッチン扉の色が白くなっただけなのですが、家がちゃんとした感というか…廃墟感がなくなったというか…。カッティングシートは、扱いに力も特別な道具も必要なく、作業時間もかからない、かつ安価…!ちょっとハマってしまいそうな気がします。

作業の順番がむちゃくちゃですが、しばらくはこの家に住むにあたって、必要に迫られた収納スペースの確保等についてまとめていこうかと思っています。ということで、次は洗面室に作業机を作り、乾燥機を壁掛けにした作業についてです。

↓ (追記 2020.6.5) 洗面室をちょこっと便利にしました。

www.archiplay.work

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ